みんなのダイエット 体脂肪と体脂肪率

体脂肪と体脂肪率

肥満レベルを測る基準として体重と体脂肪率があります。
体重もさることながら体脂肪率も気にしないといけません。
体重と体脂肪率のバランスのとれたパーフェクトな身体作りを目指しましょう。

体脂肪とは

体脂肪とはその名のとおり体内に蓄積された脂肪の事です。
この体脂肪はエネルギーの貯蔵、体温維持、衝撃吸収、ホルモンバランスの調節など必要不可欠なものです。

しかし溜めすぎると生活習慣病の原因に、足りなすぎても病気になりやすくなったり、女性の場合17%以下になると月経機能が維持されなくなるなどの危険性があります。

体内に貯蓄されている脂肪は、脂肪分を食べると増えると思っている人が多いかと思いますが、実は「炭水化物・脂質・たんぱく質」の栄養素が脂肪を作っているのです。それらを含む食品を必要以上に摂取すると、体内で消費できない分が上回ってしまい、余剰分が体内に蓄えられて体脂肪になります。
すなわち「食べ過ぎ=体脂肪」ということになります。
一般的に「体重が重い=肥満」と思われがちですが、医学的には「体中に脂肪が多すぎる状態」を肥満といいます。

また、体脂肪の種類は脂肪のたまる場所で区別する事ができます。
若い女性はお尻や太ももに皮下脂肪として蓄積されやすく、年齢が高くなるにつれおなかの周りや内臓周辺につきやすくなってきます。俗に言う、内臓脂肪です。

体脂肪率とは

体脂肪率とは体重の体脂肪が占める割合をいいます。

肥満は「体脂肪が必要以上に増えた状態」を指しますが、体脂肪率の測定は非常に困難な為BMIなど簡易的な診断法が広く一般に使われています。
しかし、近年体脂肪計(体組成計)も手に入りやすい価格になり、体脂肪率によって肥満の判定を行うことも身近になりました。

体脂肪率の測定方法は何種類もあるのですが、私たちに一番身近な測定器具といえば家電量販店などでも見かける体脂肪計です。

ちょっと横道にそれますが、どのような原理で測定しているのでしょうか?
専門用語で「生体インピーダンス法」といいます。
これは、体に微弱な電流を流し生体の電気インピーダンスを測定し、そこから体脂肪率を推定する方法です。現在最も簡便で最も普及している方法であり、市販されている体脂肪計のほとんどはこの方法で測定しています。
しかし、以下のような問題点から正確な値を算出するのは難しいとされています。

  • 起床直後や就寝直前などの身体状態による変化が大きく、同じ日でも測定した時間で大きなばらつきがある。
  • 体脂肪率を推定するアルゴリズムがメーカーによって異なる。そのため機器によるばらつきが大きい。
  • 筋肉の比率が高い人は生体電気インピーダンスが一般の人と異なり、正確な測定ができない。この欠点を解消するため「アスリートモード」がある機器もある
  • 心臓ペースメーカーを使用している場合、電流によってペースメーカーが誤作動を起こす可能性があるため使用できない。

このように正確な数値は出ませんが体脂肪率の増減など目安にはなりますので、ご使用する場合はあまりナーバスにならず参考程度に使うよう心がけましょう。

Top to Page