みんなのダイエット 皮下脂肪と内臓脂肪

皮下脂肪と内臓脂肪

肥満には大きく分けて、内臓に脂肪がつき特にお腹が出ているリンゴ型肥満と、体全体或いはお尻などの下半身が太い洋ナシ形肥満の2種類があります。
リンゴ型肥満は皮下脂肪型と内臓脂肪型に分かれますが、内臓脂肪型肥満の場合は非常に危険です。

内臓脂肪というのは、 文字通り内臓の周りにつく脂肪のことで 、働きは特に無く余った脂肪がどんどん蓄えられているのです。
この内臓脂肪型肥満は、肥満では無い人と比べて糖尿病や高血圧などの生活習慣病を引き起こす確率が格段に高く気をつけなければなりません。
内臓脂肪は、皮下脂肪に比べ燃えやすい性質があるので、少しでも早くダイエットを始めて健康な体を早く取り戻すようにしましょう。
プーアール茶杜仲茶などは、内臓脂肪を燃やしやすくする効果が期待できるので進んで飲むといいでしょう。

また、皮下脂肪型肥満の場合でも太っていることには変わりなく、普通の人より生活習慣病になりやすいと言えるので、余分な皮下脂肪は早く減らす様にしましょう。リバウンドでも脂肪が増えるので注意が必要です。

Top to Page