みんなのダイエット ダイエット中の外食

ダイエット中の外食

仕事やプライベートでランチミーティングや飲み会など、ダイエット中なのに外食になってしまうことが多々あると思います。
外食は何かと多忙な現代人には便利でなくてはならないものです。
しかし、ダイエットにとって外食は問題点が多いのも事実です。ダイエットを成功させるためにも、外食と上手に付き合っていきましょう!

「超カロリーオーバー」 しないように

お客に満足してもらうことが重要な外食産業では、多くの人に満足してもらえるように少し量が多めになっています。
その他にも味付けが濃い目だったり、油が多く使われていたり、炭水化物が多かったりすることが多いです。
ですから外食する場合、カロリーオーバーは覚悟しなくてはいけません。どんなに頑張っても、残さない限りカロリーの下限は決まっています。

外食で太らないために

調理法をチェック

自分が注文しようとしている料理の調理法を確認しましょう。
同じ食材であれば、茹でる→網焼き→蒸す→生→煮る→炒める→揚げるの順でカロリーが高くなります。出来るだけカロリーの低い料理を選びましょう。

丼ものに注意

丼ものはお茶わんの1.5倍程度のご飯が入っているのが普通です。ご飯の量を減らしてもらうようにするなど、もともと量が多いことに配慮して利用しましょう!

単品ものより定食

ラーメン、チャーハン、カレーライス、パスタなどの単品料理は炭水化物が多すぎたり、脂質が多すぎたりと栄養バランスが悪いものが多いです。
バラエティ豊富な食材を使った定食系を選ぶようにしましょう。

脂身に注意

肉類を食べる場合は脂身は出来るだけよけて食べましょう。鶏肉は皮をはずして食べると脂肪が減ります。

薄味のものを選ぶ

味の濃いものや辛いものは、塩分が過多だったり、甘いデザートやジュースが欲しくなったりするので健康にもダイエットにも良くないです。出来るだけ薄味の料理を選びましょう。

栄養価の表示があるお店を利用する

最近ではメニューにエネルギー量やたんぱく質、脂質、炭水化物などを表示するお店も増えてきました。普段からもそのようなお店を利用して健康にも気をつけましょう。

前後の食事で調整

どうしてもかなりの量を食べることがわかっていたり、ついつい食べ過ぎてしまった場合は前後の食事で調整するようにしましょう。

外食で注意するメニュー

下記のメニューは特にカロリーが高いので出来るだけ避けるようにしましょう。

パスタ
700~900kcal
ピザ
700~1300kcal
オムライス
750~1200kcal
かつ丼
800~1200kcal
カレー
800~1200kcal
ラーメン
800~1000kcal
Top to Page