みんなのダイエット ダイエットに向いた食材 - プーアール茶

ダイエットに向いた食材 - プーアール茶

Amazoneで購入

プーアール茶は緑茶を黒麹菌で醗酵させた、中国では黒茶と呼ばれ一般的に飲まれている後醗酵茶です。

緑茶を発酵させると様々な化学変化が起こり、その過程で緑茶のカテキン成分が活性化したり、全く新しいカテキン成分に生まれ変わったりします。この時生成されたカテキンは、普通のカテキンよりもダイエットに適しているといわれています。その中でも重合型カテキンという成分が、腸から脂肪や糖を吸収するのを抑える働きが強いとされている為、通常のカテキンよりもダイエット効果が高いとされています。

また、プーアール茶の製造過程において発酵作用によりカフェインが減少し、黒麹菌の作用により茶葉にもともと含まれていたカテキンが脂肪を分解する成分に変化し、プーアール茶に含まれるリパーゼという酵素を活性化させます。
リパーゼは脂肪を分解する酵素で、リパーゼを活性化させることによって体脂肪が燃焼されやすくなります。
リパーゼは体温上昇などで活性化するので、プーアール茶を飲む際は温かいものを飲むとより効果的です。その他にも活性を早める方法として入浴、マッサージ、運動や、唐辛子の辛味成分となるカプサイシン、リジン、プロリン、アラニン、アルギニンといった脂肪燃焼系のアミノ酸の摂取が効果的です。

プーアール茶は、脂肪分解作用によるダイエット効果以外にも減量後のリバウンド防止、糖尿病の予防、血液中コレステロールの改善、抗酸化作用、脳の活性化など健康を維持するのにも適しています。

Top to Page