みんなのダイエット メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム

最近良く耳にするメタボリックシンドロームですが、これは内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態のことをいいます。
高血糖や高血圧などの生活習慣病は、それぞれ単独でもリスクを高める要因ですが、これらが多数重積すると相乗的に動脈硬化性疾患の発生頻度が高まります。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪の蓄積による肥満が基盤として着目されており、特に腹部肥満(男性型肥満)とも言われている上半身型肥満(リンゴ型肥満)は注意が必要です。
また、日本人は民族的特徴から、米国人よりメタボリックシンドロームに悪影響を受けやすいとされています。

判断基準は以下の通りです。

  • 腹囲(ウエスト)男性85cm、女性90cm以上
  • 血圧130/85mmHg以上
  • 中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満
  • 血糖110mg/dL以上

上記[1]に加え、それ以外で2つ以上該当があるとメタボリックシンドロームの疑いが濃厚です。

治療と予防

治療

生活習慣病の特徴として、「痛い」とか「辛い」といった自覚症状に乏しいので、「症状の緩和」よりも長期間・慢性的に持続させた結果として生じてくる「合併症予防」が目標になります。

メタボリックシンドローム(代謝症候群)の場合、動脈硬化の発生・進展防止が治療目標となります。
主に食事療法による摂取カロリーの適正化と、脂肪燃焼を促す目的での運動療法が基本となりますが、それだけでは解消されない危険因子(耐糖能異常、脂質代謝異常、高血圧など)に対しては、薬物療法を並行して実施する場合もあります。

予防

1番は内臓脂肪を溜め込まないことです。高カロリーな食事を避け、、野菜、米などの日本食を中心とした食事にする、余分なカロリー摂取は運動などで消費するなど、内臓脂肪を溜め込まないようにしましょう。

Top to Page