みんなのダイエット 低体温と冷え性

低体温と冷え性

「低体温」や「冷え性」は、女性に多くみられますが、最近では男性の冷え性も増えています。低体温や冷え性はダイエットの効果を低下させるだけではなく、様々な不調の原因にもなります。
低体温とは体温がいつも35度くらいしかない人のことをいい、冷え性とは手足など体の末端にがいつも冷たい人のことを言います。
低体温の症状として、主に肩コリ、頭痛、生理痛、便秘、慢性的な疲れ、免疫力の低下、不妊などがあります。冷え性の症状は、頭痛、めまい、手足のしびれ、胃のもたれ、疲労感、動悸、不眠などがあります。

また低体温の人は正常な体質の人より基礎代謝が低い傾向にあります。普段の生活での代謝は、体温熱を作りだしたり維持したりする機能などの基礎代謝が約7割を占めています。しかし低体温の人は体温が低い為、その分熱を作りださなくていいので、基礎代謝が低下するのです。これは冷え性にも共通します。

冷え性は手足が冷たくなるなど、相対的に判断できますので気づきやすいですが、低体温は体全体の体温が低いので気づきにくいです。体温計などでこまめに自分の平熱を測るようにしましょう。

冷え対策

低体温や冷え性を治すには、やはり身体を温めることが基本です。
身体を冷やす食べ物や冷たい飲み物を控える、薄着をしない、身体を動かす、睡眠をきちんととる、バランスのよい食事をとる、ストレスを溜めないなど。これらはダイエットや生活習慣病の予防にもつながるものもあります。つまり「冷え」に対して予防や対策をすることはダイエットや健康にも繋がるということです。

運動でおすすめなのは、気軽にできるウォーキングです。お出かけの時は一駅分歩くなどから始めてみましょう。また、オフィスで長時間座りっぱなしの人は下半身の血行が悪くなりがちなので、1時間に一度は席を立って軽いストレッチを行うなどすると冷え性対策になります。

Top to Page