みんなのダイエット ダイエットとむくみ

ダイエットとむくみ

むくみの症状は、どなたでも経験があると思います。
朝、鏡で顔をみると、頬やあごがふっくらとしていたり、まぶたが腫れぼったいとか、立ち仕事やデスクワークの多い方は、足がむくんで会社帰りにブーツが履けなかったりといったような事があると思います。

長時間座ったまま、立ったままなどの同じ姿勢での仕事や作業などによる疲労や寝不足なども、むくみの大きな原因となります。
また、泣いた後には目やまぶたがむくんだり、飲みすぎた翌朝もいつも以上に顔がむくんだりします。女性であれば生理や妊娠前後にもむくみの症状が出たりします。

むくみが起こる原因は人それぞれですが、むくみを放っておくとセルライトがどんどんできてしまいますので、むくみを慢性化させないように改善しましょう。

むくみとは

むくみとは、医学的には浮腫ふしゅと呼びますが、血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみだして手足、顔などの皮膚の下に溜まった状態のことをいいます。
よくある「むくみ」は、顔と足に特に症状が出やすく、顔ならば朝鏡を見たときに目や頬、顎のラインなどでむくんでいるのがわかりますし、足ならば靴やブーツを履いたときなどにわかります。

むくみがでると細胞への養分の取り入れや老廃物の排出も上手くいかなり、更にむくみが悪化しやすくなります。そしてセルライトができやすくなり痩せにくい体質になってしまいます。また、循環や代謝の悪いカラダはダイエットの効果が現れにくいのです。
むくみは慢性化しやすいので気をつける必要があります。

むくみの原因

むくみの原因は大きく分けて2種類あります。「一時的なもの」と「病気が関与するもの」です。

一時的なものの原因としては、冷え性、代謝機能の低下、睡眠不足、塩分の摂り過ぎ、長時間のデスクワーク、長時間の立ち仕事、筋力の低下、アルコールの過剰摂取、低体温や体温調節機能低下、ホルモンバランスの低下、締め付けの強い服や靴など原因は様々です。

病気が関与している場合、むくみが症状となって現れるものは案外多いですが、顔や下半身、足のむくみが長引いたり、ひどい場合や他にも症状がある場合は、腎臓や心臓、甲状腺の病気などが関与してる場合もありますので、一度医師の診察を受けてみることをおすすめします。

むくみの解消法

一般的な解消法としては、下記のような方法があります。

  • マッサージでほぐす
  • お風呂などでよく暖める
  • 一定の姿勢をとらないでこまめに体を動かす
  • 顔のむくみには冷水・温水で交互に顔を洗うなど血行を改善する
  • 運動をして筋肉、基礎代謝を上げる
  • 食事改善でビタミン、ミネラルをきちんと取る

女性の場合、生理前にむくむ時にはビタミンB6が有効という報告もあります。

また、むくみに効く食べ物として利尿作用のあるウリ科の食べ物(スイカ、きゅうり、冬瓜など)、カリウムを多く含む食べ物(バナナ、リンゴ、昆布など)、ビタミンB1を多く含む食べ物(豚肉豆腐小豆、カボチャなど)、特に小豆は、利尿作用のあるサポニンが多く含まれていて、むくみに効果的な食べ物です。

Top to Page