みんなのダイエット ウォーキングでダイエット

ウォーキングでダイエット

健康を維持するために、ウォーキングを行う人は年々増加しています。
毎朝の散歩を日課にするなど「歩く」ことでの健康法は、広い年齢層に認識され実践されています。
ウォーキングは健康だけではなくダイエットにも非常に効果がある有酸素運動です。
また、正しいウォーキングは筋肉もしっかり使いますので、筋力がアップし基礎代謝も上がります。

現代社会は非常にストレスも多く、ダイエット中ともなればなおさらストレスが多いと思います。ウォーキングはストレス解消の効果もありますので、ぜひ実践してみて下さい。

ウォーキングは出来るだけ長時間行った方が効果は高いですが、なかなか時間が作れなかったり、急に長時間やると膝などの関節を悪くしてしまったりします。
短時間でもちゃんと効果はありますので、数回に分けてやるとか、最初は短時間から始めるとか、自分に合ったペースでやりましょう。

正しいウォーキングで効果的な有酸素運動をしよう

ウォーキングの運動効果を上げるためには、なるべく広い歩幅で早い速度で歩くことが大事です。
しかし、慣れないうちから歩幅のことを気にしていると、カラダに負担がかかり歩くことが苦痛になってしまいます。
楽しく歩くために、正しい姿勢で歩くことを習慣付けましょう。

歩幅を広くするためには、肘を軽く曲げ大きく腕を振ります。そうすると自然に歩幅が広がります。
前に踏み出すときは、足の膝をしっかりと伸ばします。膝を伸ばすことで、自然に踵から着地することができます。
そして、重心を踵→土踏まず→つま先へと移動させ、その勢いのままつま先で地面を蹴り上げます。
出来るだけ頭を動かさないようして、お尻を少し振り気味にし、視線は15メートルほど先を見るといいでしょう。
足元の方ばかり見ていると、前屈姿勢になってしまいますので気をつけましょう。

このような正しい姿勢で歩くことで、カラダに余計な負担をかけることなく効果的なウォーキングができます。
ですが、あまり細かいことを気にしすぎていてはウォーキングを楽しめないので、極端に意識しすぎないようにしましょう。

また、坂道の多い道をウォーキングしたり、ちょっと厚着をしてウォーキングすると脂肪燃焼効果がアップします。

ウォーキングの前後は怪我予防のために、しっかりストレッチをしましょう。

Top to Page